遺言の内容を実現させる人

遺言執行者とは

簡単にいえば遺言の内容を実現してくれる人のことです。
相続人の代理人として任務を果たします。

 

遺言執行者は遺言書で定めることが出来ます。
手続きを遺言執行者に任せるので相続人の負担が減ります。

 

親しい人、身内の方、相続人、弁護士、司法書士、行政書士等がなれます。
未成年者と破産者以外であれば、基本的には誰でも構いません。
信頼できる人を選びましょう。
遺言で決まっていない場合、家庭裁判所に選任してもらうことも出来ます。

 

遺言執行者が就任すると財産の一覧を作成し、相続人に交付します。
相続人は遺言の執行を妨げることをしてはいけません。
遺言執行者の就任前でも同様です。

 


相続手続き支援の流れ 遺言作成サポート内容 自分の為の老い支度 事務所案内 お問い合わせ